既卒 第二新卒 就職

既卒・第二新卒でも就職エージェントを活用できる?

既卒 就職事情,第二新卒 就職事情

 

就職・転職エージェントとはどのような方が利用しているのでしょうか?

 

もしかしたら「バリバリに転職活動を進めている社会人だけが利用するサービス」といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。ここではどのような方が就職・転職エージェントを利用しているのか、代表的なものを紹介したいと思います。

 

転職エージェントの利用者の多くは現職のある社会人

まず当然ですが、転職エージェントの利用者の多くは現職のある社会人となっています。というのも、転職エージェントが提供してくれるサービスのひとつは「求人情報の収集や企業との日程調整を代わりにやってくれる」というものであり、これは現職で業務があって忙しい社会人にとって、大きなメリットのあるサービスだからです。

 

特に、「現職が忙しすぎてプライベートの時間が取れないため、もう少しプライベートを充実させられるところに転職したい」という方や、「上昇志向が強く、現職もバリバリやりながら、キャリアアップのために転職も考えたい」というような方の場合、面倒な作業を転職エージェントエージェントが代わりにやってくれるというのは非常に便利です。

 

転職エージェントにはキャリア相談もできる

なお、転職エージェントの利用者というと「今すぐの転職を希望している人」という印象を持たれるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

現時点での転職は考えていなくても、転職エージェントが提供してくれる「キャリアプランを一緒に考えてくれるというサービス」を利用したいがために転職エージェントに相談を持ちかける方もたくさんいらっしゃいます。さらに言えば、現状の自分を客観的に見つめ直し、自分の現在の市場価値を知るためにエージェントに定期的に面談してもらいたいという方もいるのです。

 

転職エージェント側もそういった方に無理に転職を進めることはありませんし、場合によっては「それならば現在の職場でもうしばらく経験を積まれるのが良いと思います」という提案もしてくれます。

 

このように「転職エージェントに登録したら即転職活動を開始しなくてはいけない」ということはありませんので、キャリアに迷った時などに気軽に相談していただくのも一つの活用方法ですね。

 

既卒者など独力での就職活動が難しい方もサポートを受けています

現職で働いていない方にも就職エージェントを活用している人は沢山います。具体的には前職を退職されてしばらくお休みしていた方や、何らかの理由で新卒採用のタイミングでは就職せず既卒者として求職されている方、第二新卒者など、様々なバックボーンの方が就職エージェントを活用しています。

 

就職エージェントの中には、フリーターやニート、既卒・第二新卒の就職支援に特化した就職エージェントもありますので、独力での就職活動が難しいような場合でも就職エージェントのサポートを活用すれば就職活動を上手に進められるようになります。

 

このように、今すぐ転職したい人はもちろん、今はまだ転職を考えていない人や、そもそも転職ではなく就職を目指しているような既卒・第二新卒の方など、実にさまざまな人が就職・転職エージェントを活用しています。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

ハタラクティブハタラクティブ

JAIC(ジェイック)JAIC(ジェイック)

※ニート・フリーターの方が就職を成功させるコツは特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。