既卒 第二新卒 就職

転職サイトの利用が就職を有利にする

[20代/男性/広告(PR)代理店]の就職体験談
・利用した転職エージェント:マイナビエージェントtype転職エージェントDODAハタラクティブなど

 

私は転職サイトを利用して就職を有利に進めました。企業に就職する際には転職サイトを利用して活動すべきです。それにはいくつかの理由があります。

 

まず一つ目は、就職先を探す際の時間を短縮できることです。

 

従来であれば、ハローワークなどに行ってひたすら自分の希望条件にあった就職先を探していたでしょう。しかし、就職活動において一番時間をロスするのはその企業検索時間なのです。

 

ハローワークなどに行くのであれば、そこに通うまでの時間がかかりますし、就職雑誌などで探すにしても、いちいち雑誌を入手しに駅前に出向いたり、雑誌をめくってみて希望に合うものがなければ次週の発刊を待つなど、とにかく時間がかかります。

 

でも、転職サイトに自分の履歴書などを登録しておけば、企業側からオファーが来たり、転職エージェントを利用すれば自分の希望に添った条件の就職先を提示してくれます。

 

人によっては、自分から探さなくても企業側からやってくるような状況なのです。これを利用すれば、検索時間をかなり短縮できます。

 

二つ目は、転職サイトもしくはエージェントを利用すれば合格率が高くなります。

 

とくに転職エージェントを利用したときは、明らかに結果が違ってきます。なぜかというと、転職エージェントを利用すれば、書類を提出する際にエージェントが添削などを行ってくれたり、書き方のアドバイスをしてくれたりします。そして、企業へ提出する際には若干推してくれます。

 

これによって、書類通過率が非常に高くなる上に、面接のときには期待値が上がっているので、面接を有利に進められることが多いのです。

 

また、エージェントを利用しなくても企業側からオファーがあれば、自分から探して行くよりも企業がコチラを向いているわけですから、通過しやすくなります。

 

三つ目は、サイトを利用しながら就職先を探す方が面白いということです。

 

転職サイトは、企業情報だけでなく「自分の相場」を測れたり、「自分のランキング」を見れたりなど遊びの要素も入っています。転職サイトにもよりますが、息抜きにそういったサービスを利用すると、就職活動がとても楽しくなるのです。

 

以上より、就職をする際には、転職サイトもしくは転職エージェントを利用して行うべきだと思います。