既卒 第二新卒 就職

既卒・第二新卒だからこそ就職支援サイトの活用して人生の転機を!

転職エージェント,転職サイト,既卒 第二新卒 就職,既卒 就職,第二新卒 就職

 

既卒・第二新卒の方が就職活動をするにあたって、自分の希望条件にマッチする仕事を見つけることは、新卒者や経験者よりはどうしても難しいものです。

 

しかしながら、「既卒・第二新卒向けの就職案件に強い就職支援サイト」を上手に活用することで、一般には公開されていない未公開求人情報を入手できたり、既卒・第二新卒の就職支援経験が豊富なキャリアコンサルトによるサポートが受けられたりするなど、就職活動を有利に進めることも可能なのです。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

 

既卒・第二新卒の方が就職を成功させるコツは、特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録することです。すべて無料で登録することができますから。

 

ただし、この就職支援サイトを利用する際にも、総合転職サイトなどの場合ですと雇用側の事情で次のような問題点が発生し得ることを認識して注意しておくことが必要です。

 

総合転職サイトの注意点
  1. 会社側の要求している雇用条件のなかには「職務経験」がある場合、これが異なり書類却下される。
  2. 学歴的な事情が転職サイトの募集要件には記述されていないが、考慮される可能性がある。
  3. 就職支援サイトから応募したメンバーの中に「キープメンバー」があった場合、そのメンバーを保留するためにその前後の募集のメンバーは書類審査で却下される可能性がある。
  4. 応募するタイミングが悪かったり、志望動機があいまいなために書類審査で落ちることがある。

 

このようなことがあり得ることを事前に認識していませんと、既卒・第二新卒状態から抜け出すモチベーションが低下する可能性がありますので注意が必要です。

 

こんなことをお伝えすると、新卒者や経験者と比べて、既卒者・第二新卒者に対する企業側の要求は厳しいものがあるように感じられかもしれませんが、リーマンショックが発生した時期とは比べものにならないぐらい雇用環境は改善しています。

 

何よりも「既卒者・第二新卒者に特化した就職支援サイト」を上手に活用すれば、あなたの心強い味方になってくれます。

 

この就職支援サイトという本当に便利なシステムを十分に有効活用することで、今後の自分の人生を豊かなものにしていくためにも、より自分の可能性にとって好条件の就職案件というチャンスをつかみましょう。

 

また、ただ就職支援サイトを閲覧、応募しているのではなく、常に採用動向や雇用データを調べつつ応募時期を狙うことも就活成功のコツの一つです。

 

びっくりするほど受かる厳選就職・求人サイト

増える「第二新卒」はポテンシャル採用を行う対象

みなさんは「第二新卒」という言葉をご存知でしょうか?

 

実は転職市場における「第二新卒」の定義は曖昧なのですが、ここでは「就業経験があり」「業務経験が2~3年以内」「年齢は20代半ば程度」の人材のことを指すものであると定義します。

 

そして、このような「就職して2~3年以内に転職する」という方が最近は非常に増えてきています。

 

募集する企業側からすると、「経験が乏しいため即戦力としては期待できないが、一般的なビジネスマナーは有している」ものとして、基本的にはポテンシャル採用を行う対象という位置付けになっています。

 

一般的には大卒の3年以内の離職率は約30%と言われており、中には離職のみで転職しないというケースもあるものの、単純に見れば新卒採用の三分の一近くにも及ぶような巨大な市場が「第二新卒の市場」となっているとも言えます。

 

 これはもちろん企業側にとっても優秀な人材を手に入れるチャンスですので、実際に多くの企業が「第二新卒の採用枠」を設けています。

ポテンシャル採用の注意点

ただし、第二新卒枠で転職を行う場合には注意も必要です。

 

というのは、企業によっては第二新卒をあくまでも「新卒」と同様に扱うところも多く、その場合、社会人経験が2~3年あるにもかかわらず新卒と同じ給与水準での転職になることもよくあるのです。

 

もちろん転職において重要なのは給与アップだけではないので、志望する企業に入ることができるチャンスとしては第二新卒枠はどんどん活用すべきです。

 

とはいえ、転職先が現職と比較的近い業種であるような場合には、転職先でまたゼロから研修を受けたりするのは時間の使い方としてもったいなくもありますので、可能であれば経験者として転職して給与アップも目指したいところです。

既卒・第二新卒でも即戦力としての転職も可能

実際には既卒・第二新卒の年齢であっても、通常の転職と同じように経験者として採用されるような場合は十分あります。

 

ただし「既卒・第二新卒としてではなく、通常の転職者と同様の扱いをしてもらえるかどうか」ということは、求人に応募する一個人と募集企業との間で直接交渉するのはなかなか難しいものですよね。

 

そこで、こういった交渉は転職エージェントを通して行ってもらうのが良いでしょう。エージェント経由であれば企業側とのやり取りもスムーズに行えますし、仮にダメだったとしてもお互い大きな悪影響もありません。

 

もちろん、既卒・第二新卒であるかどうかに関わらず、転職エージェントは若年層向けの求人も豊富に揃えていますので、活用することで通常の転職と同じようなメリットも享受できます。

 

「既卒・第二新卒」ということにこだわり過ぎず、通常の求人への応募・選考と併用しつつ、第二新卒という枠を利用できるのであれば利用する。さらに「第二新卒」枠での求人ではあるものの、自身がある程度即戦力として期待できると思えるような場合は、通常の経験者転職として認められないかどうかエージェントを通じて調整してもらう。

 

このような進め方をすることで、既卒・第二新卒であっても就職活動は成功へと近づいていくことでしょう。

 

既卒・第二新卒に強い厳選就職・求人サイト